2012年03月26日

卒業式に行って来ましたぁ〜

玄関脇の寒いところで、保田校友会の入会の受付してたら、熱出しちゃって・・・
ず〜っと寝込んでました。まだ、体調不良ですふらふら
でも、ご入会頂いた方、ありがとうございました。

今年は、なんとexclamation×2
入会記念品ぴかぴか(新しい)も用意いたしまして(マルミヤパンのパンデカリントひらめき
大変好評でございました揺れるハート
(マルミヤパンさまにはわざわざ、素敵なメッセージカードまで作って頂きまして、
本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


さて今回、卒業式に伺ったのは、保田校友会U-18クラブへの入会受付の為ですが、
実は、もう1つ大きな理由があったのです。

それは、今年度の卒業生の皆様にお願いした
【20歳の自分への手紙】
を受け取るためでした。

事前に、6年生の保護者でもある和田PTA会長さんと担任の平山先生にお願いしまして、学校へ【手紙セット】を送り、卒業生の皆に20歳の自分への手紙を書いてもらい、卒業式当日封された手紙15通を受け取るという企画。
昨日、配達予定日・配送先の名簿も作りケースに入れ、あとは、約7年後のそれぞれの20歳の誕生日に着くように投函するだけ。

保田校友会と在校生⇒卒業生⇒U-18クラブ⇒本会員へと移行する期間の絆を大切にしたくて、企画したイベントです。夢ある内容に対して負担は、手紙セットと切手代だけだもんねるんるん(笑)
昨年の卒業生の時にも発案はしていたんですが、卒業までの時間がなくて見送り、
今年やっと実現できて嬉しいですわーい(嬉しい顔)

皆、どんな事書いてあるのかな〜
勿論、20歳になった時の本人しか読めないのだけど、なんかワクワクしちゃうね(笑)
これから毎年恒例の企画にしていきたいです。

さて、卒業式の方でございますが、
DSCF3164.JPG

 会場は
 毎度おなじみの
 食堂です。

 私も一応
 来賓の端のお席に
 座らせて頂きました(笑)


DSCF3166.JPG

 俗に言う
 【式次第】
 でございます。


DSCF3172.JPG


 6年生担任の平山先生
 感無量の面持ちで
 一人、一人の名を
 呼び上げてました




DSCF3173.JPG


 校長先生から
 卒業生、一人一人に
 卒業証書が
 手渡されます
 重々しい雰囲気が
 いいのよね〜



DSCF3174.JPG

 その後、
 来賓祝辞
 こちらは、
 現・鋸南町長
 
 PTA会長の祝辞(謝辞?)が
 やっぱり一番泣けましたもうやだ〜(悲しい顔)



DSCF3175.JPG

 プログラムにある
 門出の言葉

 卒業生と在校生が
 一緒になっての呼びかけ以外に
 随分と歌もありました




校歌は私たちの頃と校名のところ以外変わってないはずなんだけど、
最後のメロディしか記憶になかった(笑)

卒業式のあとに、立食形式の祝う会も行われ

DSCF3176.JPG


来賓の池田区議がお祝いの言葉
(校友会の帽子をご購入頂き、
 被って参加してくれました)





DSCF3179.JPG


 校長先生をはじめ
 とする教職員による
   出し物

 歌です・・・
 題名忘れましたふらふら


DSCF3180.JPG


 在校生による
  出し物は

 保田ソーラン踊りです。
 初めて生で見られて
 嬉しかったわーい(嬉しい顔)



DSCF3181.JPG



 卒業生による出し物は
 学習発表会の時の
 ひとコマと歌




DSCF3184.JPG

 最後は、6年生保護者
 による出し物で、
 歌なんですけど
 最近のお母さんは
 ブレイクダンス
 踊っちゃうんだよグッド(上向き矢印)
 すごいでしょexclamation&question
 とても楽しかったでするんるん


楽しかったけど、朝早くから行動して、帰りは国分寺まで一人で休みなしの運転だったから
明らかに疲れて、風邪ひいたのね・・・
石原さん、来年は、一緒に行こうね〜(笑)

posted by 事務局9期小島 at 18:45| Comment(0) | 校友会通信

2012年03月09日

『三丁目の夕日64’』ならぬ『学園の夕日64’』

先月の東京マラソン前夜2/25(土)に、現在の校友会会員(恩師の方々を除く在籍者)の中で、最年長の中村先輩に、学園時代のお話を伺ってきましたわーい(嬉しい顔)
※ 学園というのは、昭和43年度卒を1期生として数えている養護学校時代以前にあった施設

翌日は東京マラソン当日だというのに、途中まで島崎会長も同席してくれました。
初対面の挨拶の後、早速インタビュー(笑)

−学園時代って遠い噂程度にしか知らないのですが、まず、場所はどの辺に?
吉浜って地名を記憶してます。区立保田養護学園という名前でした。

吉浜ですか〜。現在の場所から見ると保田駅よりですね。
−昭和39年在籍という事ですが、何年生だったんですか?

3年生でした。虚弱体質で・・・ふらふら

−区内のどちらの小学校から?

新宿小です、学園には4〜5人いた記憶があります。

−全部で何人くらい生徒はいたんですか?

30人弱だと思います。

−30人くらい・・・宿舎の部屋は何室あったんですか?

何室だったか定かな記憶は(3年生だから)ないんだけど、畳の部屋で寝ていたのは憶えてますねわーい(嬉しい顔)

た、畳ですか〜exclamation&questionがく〜(落胆した顔)

そう。それに、トイレには外廊下を歩いて行かなきゃいけないので、
夜、トイレに行くのが怖かったですねぇ〜あせあせ(飛び散る汗)


−そ、それは怖いですね。リアルに『学校の怪談』で(笑)
畳の部屋以外で宿舎の記憶は?
平屋建てでした。学校舎は別だったんですよ。

−えっexclamation&question学校は別?

宿舎から、畑の中の道をちょっと歩いて行った所に、学校がありました。
別の場所と言っても直結してましたけどわーい(嬉しい顔)


−学校の建物はどんな感じだったんですか?

朝、宿舎から学校の建物に入ると、まっすぐ階段を上げって自分の教室に行った記憶があります。

−各学年の教室が2階にあったんですか?
2階建ての建物で・・・、多分、保健室とか職員室が1階にあったんだと思います。

−学園の生活で憶えている事は?

そうですねぇ〜・・放課後、校庭で遊んでいると、地元の小学生とかが、フェンスの向こうから、
ケンカを売ってきたり・・・(笑)


なんとなく想像できますね。ただ、今は、校庭が道から離れていてありえませんけど(笑)
−他にはどんな事が記憶に残っていますか?

高島先生のクラスでした。(島崎会長も高島先生クラス)
それから、中村って同じ苗字の女の先生がいたのを憶えてますねわーい(嬉しい顔)
あと、全身大やけどの生徒がいたのを憶えてます。


−食事なんかは?

そうそう、初めてシューマイを食べたのも学園時代です。あと、トーストとミルクティとかわーい(嬉しい顔)

昭和39年当時だと、斬新なメニューなんですねるんるん
−遠足などはどちらに?

鋸山と油壺マリンパークと行川アイランドには行きました。

私達の頃と同じで変わらないんですねるんるん
−東京オリンピックの思い出はありますか?

あります。皆で食堂でマラソンの応援しました。あの円谷選手の・・・。

−在籍は、1年だけだったんですね?

そうなんです。元の小学校に帰ると決まった時は
『やだ〜exclamation帰りたくないexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)』って、親に訴えました


というたった1年の在籍だったけど、学園時代の記憶が、今でも強く思い出に残っているという
中村先輩でした。
今度は、学園のあった場所を実際に訪ねてみましょう〜と、お約束して別れたのでした。
昭和39年という私が生まれた年の学園の話をたくさん聞けて楽しかったです。


今回、校友会の帽子のアンケートメールがキッカケで、学園のお話を伺いたいという申し出にも、快く引き受けてくた中村先輩は、とても素敵で優しい紳士で、こういう先輩がいてよかったと思いました。わーい(嬉しい顔)

本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


posted by 事務局9期小島 at 02:13| Comment(1) | 恩師・卒業生近況
検索ボックス